初期設定

■GP98インストールの前に
・Windows Update を必ず行ってください。

■初期設定
・GP98インストール及び印影登録は、Word 又は、Excelのインストール済みが必要です。

・Word 2016・2013・2010・2007
1.「互換モード」で使用。
    起動時から「互換モード」 
2.背景透過と印影貼付けの設定
 [ファイル]−[オプショ ン]−[詳細設定]−[切り取り、コピー、貼り付け]−
  ・図を挿入/貼り付ける形式(I) 「前面」に変更します。
  ・貼り付け時に自動調整をする(S)  チェックマークを外します。
注)設定を行なわなかった場合は、背景透過・任意の位置に印影が表示されません。

・Word 2003・XP
背景透過と印影貼付けの設定
  メニューバーの[ツール(T)]−[オプション(O)]をクリックすると、
 [オプション]ダイアログが表示されます。
   →[編集と日本語入力]タブを選択し、[図を挿入/貼り付ける形式(I)]を
  [前面]にします。→[OK]をクリックします。
注)設定を行なわなかった場合は、背景透過・任意の位置に印影が表示されません。

■GP98のセットアップ及び起動について
・Windows 10・8.1・8・7
 GP98インストール後GP98(アイコン)を右クリックし、プロパティを開き、「互換性」
 タブをクリック、「互換モード」の「互換モードでこのプログラムを実行する」に
 チェックマークを入れます。「特権レベル」の「管理者としてこのプログラムを
 実行する」チェックマークを入れ、「適用」、「OK」をクリックします。

 GP98起動時に「ユーザーアカウントの制御」が表示しますので「はい(Y)」を
 クリックしてご使用ください。

・Windows Vista
 GP98インストール後GP98を右クリックし、プロパティを開き、「互換性」タブを
 クリック、「「特権レベル」の「管理者としてこのプログラムを実行する」
 チェックマークを入れ、「適用」、「OK」をクリックします。

 GP98起動時に「ユーザーアカウントの制御」が表示しますので「許可」を
 クリックしてご使用ください。

■ご使用の前提
・印影サイズの設定
 Windows バージョン・サービスパックにより設定した印影サイズが押印時に
  変更される場合があります。
 押印印影を右クリックし、「図の書式設定(I)」を選択すると「図の書式設定」
  画面が表示します。「サイズ」をクリックすると印影サイズが表示されますの
 で、サイズ設定との差を GP98の「押印設定でサイズ設定」の(幅:/高:)に
 数値を入力してください。以後、同サイズで押印できます。
・「パスワード」の設定
 電子印登録時に「パスワード」設定すれば押印時にパスワード入力が必要ですが、
 パスワード設定をしなかった場合はパスワード入力は不要です。
・「文書番号」の入力
 電子印押印時に「文書番号」を入力しますが、「文書番号」は、テキストフィード
 内で入力してください。 ※「文書番号」の入力は任意です。 
・「表題/メモ」の 入力
 電子印押印時に「表題/メモ」を入力しますが、「表題/メモ」は文字を自動改行
 しません。大文字17文字の位置で改行してください。
  ※「表題/メモ」の入力は任意です。
・「印影サイズ」の設定
 電子印サイズを設定する際は、電子印サイズを必ず半角で入力してください。
・「押印日時の編集」について
 「押印日時の編集を許可する」にチェックマークを入れた場合、任意の押印日時を
 キーボードで編集することができます。
・「押印日時マーク」について
 「押印日時マークを表示する」にチェックマークを入れた場合、ネーム印の●印に
 よる西暦表示されますが、2007年までの表示です。
・電子印の回転について
 ネーム印影(楷書・行書・隷書・篆書)などの丸印は任意の角度に回転できますが、
 デート印・社印(角印)・ロゴなどは回転すると変形します。
・ユーザー アカウント作成について
 (Windows 10・8・7・Vista・XP・NT・2000)
 所属しているグループを「Administrators」グループ又は、
 「Power Users」グループに設定してください。
 インストールは「Administrators」「Power Users」で行ってください。
 ※但し、「Users」グループで使用の場合は「Administrators」・「Power Users」
  グループでインストール・電子印登録後「Users」グループに変更し、ご使用
  ください。
・ヘルプについて
 Windows ヘルププログラムが含まれなくなりました。
 ユーザーマニュアル「お使いになる前に」記載のユーザー専用オンライヘルプ
 「GP98のヘルプ」を御覧ください。
・押印位置について(Word 2013・2010・2007・XP)
 印影をdrag&dropした場合、画面の左上端 に押印されますので印影移動は 
 カーソルで行います。
・印影チェックについて(Word 2013・2010・2007・XP)
 印影チェックは、印影をコピーして「クリップボード経由でチェック」で行います。
 履歴は、印影をコピーして「履歴」ボタンをクリックし、「クリップボード経由で照合」。
・押印について
 GP98には、「drag&drop」と「クリップボード経由」での押印機能があります。
 Windows バージョン・Office バージョンによって何れかで押印できます。
・不具合・トラブルについて
 サードパーティ製ソフトウェアまたはハードウェア用のアップデート、エクステン
 ション、または新リリースをインストールの環境では不具合が生じますので使用
 できません。
・ネットワクドライブの割り当て
 Windows10では、[ネットワークドライブの割り当て]に対応しません。


 

戻る