クリップボード経由で印影チェック

Drag&Dropでチェック出来ないアプリケーションソフトは、クリップボード経由
でチェックします。

1.押印文書のチェックしたい印影をカーソルで選択し、キーボードから
  「CTRL」+「C」又は、ワープロ・表計算ソフトの[編集]−[コピー]
  でコピーします。
2.GP98メイン画面の「チェック」アイコン又は、「クリップボード経由でチェック」
  をクリックします。

電子印の押印日時などの詳細情報がGP98メイン画面に、印影は電子印ビューアに
表示されますので、押印印影と押印文書との整合をチェック、印影の真偽判定
「認証」ができます。
これにより押印文書が改ざんされてしまっているか否かについても容易に判別
できます。


戻る